圧倒的企業家は未来をどう考えているのか?『孫正義 300年王国への野望』

圧倒的企業家は未来をどう考えているのか?

孫正義 300年王国への野望』

 

遂に発売されました。

 

井上篤夫さんの『志高く』で、人生について何度も考えさせられた筆者からすると、

待望の新刊です。

 

【著者紹介】
杉本貴司 : 日本経済新聞記者。1975年大阪府生まれ。京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。2002年、日本経済新聞社入社、編集局産業部配属。電機、鉄鋼、自動車業界を担当。2011年10月から米州総局(ニューヨーク)。2015年10月より企業報道部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

 

 

めちゃくちゃ分厚いです!

 

ただ、一気に読めてしまいます。

  

 

営業利益1兆円を超えたソフトバンク

ARMを約3兆円で買収した理由はどこにあるのか?

孫正義はこれから何を成し遂げようとしているのか?

 

 

孫正義にまつわる様々な人々の姿を描きながら、

孫さんがどのようにして、ここまで進んで来れたのか。

 

そんな数々の人間ドラマも楽しめます。

 

 

 

これからのの未来を感じ取るために、読みたい一冊です。

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

本 中古 ビジネス ソフトバンク 孫正義 Amazon  アマゾン

企業 企業家 起業 社長